「村社紀念碑」。

(あしあと その685)

手稲神社の社殿に登る階段脇に建てられているのが、「村社紀念碑」です。

自然石でできた碑の碑面には、「村社紀念碑」と刻まれています。

碑の背面には、「村社昇格 大正六年八月二十三日」と刻まれています。

手稲神社は、明治30年に軽川遥拝所として認可され、2年後の明治32年に手稲神社に昇格が認められました。その後、大正6年に村社列格となり、昭和16年には郷社に列格されました。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000