「軽川無電と手稲役場庁舎跡」。

(あしあと その684)

手稲本町3条1丁目にある現在の手稲コミュニティセンターのアプローチの入り口に、説明板が立てられています。

手稲区が設置したこの説明板には、

「軽川無電と手稲役場庁舎跡

現在の手稲本町3条1丁目に、巨大な6本のアンテナポールの電柱と堅牢(けんろう)な建物が立っていました。これは、大正10年(1921年)に創設された陸軍所管の「石狩無線電信所」です。

この無電は、昭和4年(1929年)閉鎖となったため、施設の建物を手稲村がゆずり受け、昭和8年(1933年)12月に手稲村庁舎として移庁式を迎えました。その後は、手稲町庁舎、札幌市西区手稲出張所として昭和59年(1984年)まで使われました。」

と記されています。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000