「馬頭観世音」碑。

(あしあと その641)

定山渓神社の社殿脇に建てられているいくつかの石碑の一つが「馬頭観世音」碑です。前面にある「馬魂碑」の左後方に建てられているこの碑の碑面には、大きく「馬頭観世音」と刻まれています。

碑の左側面には「秋號 二十二才」と刻まれており、この碑が秋号という名前の馬を慰霊する碑であることがわかります。馬齢でいう22歳は、人間の65歳くらいの年齢になるようです。

碑の右側面には、「大正十一年七月十五日之建 長谷清太郎」と刻まれています。飼い主がどれほどこの飼い馬を愛していたのかが分かります。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000