「奉納新四國八十八ヶ所奥野院大日如来」碑。

(あしあと その639)

円山の大師堂の建物のすぐそばに建つ碑が、「奉納新四國八十八ヶ所奥野院大日如来」碑です。台座の上に高い四角柱がそびえた形状をしています。碑面には大きく「奉納新四國八十八ヶ所奥野院大日如来」と刻まれ、またその右側面には「開山始登山 十一町 大正三年五月二十日」と刻まれています。「町」は尺貫法による距離を表す単位で、11町は1200メートルを指しますが、市役所のHPによると、円山の八十八ヶ所ルートの距離は約1キロメートルになるそうです。また、円山の登山道は、大正3年に上田万平・善七兄弟によって開かれました。

台座の上台の正面には、「卍」が2つ並んだ浮彫がされています。

同じく上田の右側面には、「高松宮殿下札幌へ御巡啓 大正十五年五月」と刻まれています。

大日如来は、神仏混淆の解釈では、天照大神と同一視される密教の最高仏です。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000