「獣魂碑」。

(あしあと その629)

簾舞の国道230号から山奥に進んだところに位置する簾舞霊園。奥まった一角に広大な墓地が広がります。その入り口付近にたくさんの墓石が並べられた場所があり、その傍らに古い石碑が建てられています。

それは、札幌軟石で作られた四角柱の「獣魂碑」です。碑面には「獸魂碑」と刻まれています。

碑の背面には、「昭和三十四年十一月廿日建之 東邦ミンク藤の沢飼育場」と刻まれています。

藤の沢という地名は、現在の国道230号を石山から藤野に入ったところで南方向に入っていった地域一帯を指し、今では藤の沢小学校や藤の沢神社などにその名が残されています。当時ミンク飼育場があったという名残が、唯一この石碑に残されています。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000