「白石中央墓地移転記念碑」。

(あしあと その608)

里塚霊園の奥まった一角にひっそりと建つ「白石中央墓地移転記念碑」です。

白御影石でできた石柱の正面には、「白石中央墓地移転記念碑」と刻まれています。

黒御影石と組み合わされた形状の碑面には、

「新天地開拓の念に燃え、前人未踏の白石の地を築いた仙台白石藩士の霊を祀るため、開拓地の一遇を永眠の地と定めた。

以来100年、この地は白石中央墓地として諸霊を祀ってきたが、地域の目覚ましい発展に伴い、霊地としての尊厳を脅かすに至ったことから墓主各位をはじめ、白石中央墓地移転期成会の協力を得て昭和47年11月当里塚霊園に移転改葬したものである。

ここに、これを記念し碑を建立する。

昭和47年11月19日 札幌市長 板垣武四」

と刻まれています。

改葬前の白石中央墓地があった場所には、跡地の碑が残されています。

〈関連記事〉

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000