「虹と雪のバラード」詩碑。

(あしあと その574)

大倉山ジャンプ競技場のジャンプ台の下の広場に建てられた碑です。

碑面には、「1972年札幌冬季オリンピックの歌」として、「虹と雪のバラード」の歌詞が刻まれています。揮毫したのは、札幌在住の書家中野北溟氏です。

碑の台座の背面には、

「1972年札幌冬季オリンピックの歌

河邨文一郎「虹と雪のバラード」詩碑

作曲 村井 邦彦 歌 トワ・エ・モア

この歌を愛する人びとの思いをあつめて建立し 札幌市に寄贈する

2005年9月11日

「虹と雪のバラード」詩碑建立期成会

会長 伊藤 義郎

デザイン 國松 明日香

揮毫 中野北溟」

と刻まれています。

碑に記されているように、この歌は札幌冬季オリンピックの開催に当たって作られたテーマ・ソングで、ポップデュオのトワ・エ・モアが歌ってヒットしました。大倉山ジャンプ競技場の歴史は古く、昭和6年に完成した後、度重なる改修を経て札幌オリンピックが開かれるような国際競技場になりました。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000