「明治天皇御製碑」。

(あしあと その541)

伏見稲荷神社の社殿裏にある碑の一つで、向かって一番左側に位置しているのが、「明治天皇御製碑」です。

自然石でできた碑の碑面に刻まれている文字は風化していて、ほとんど読み取ることはできません。

碑のそばに建てられた説明板には、次のように記されています。

「明治天皇御製碑

我が国は神のすゑなり神まつるむかしのてぶり忘るなよ夢

大正三年建立

(我日本は天つ神の御末である されば神を祭る昔の習わしを忘れてはならない 夢にも忘れてはならない)」

0コメント

  • 1000 / 1000