「吟魂碑」。

(あしあと その536)

「石森文学広場」に並んだ碑の中で一番奥にあるのが、白御影石でできた「吟魂碑」です。碑面には大きく「吟魂碑」と刻まれ、その横に「鳳師出」と添えられています。碑に向かって右側に、黒御影石でできた石板が置かれていて、それには

「藻岩の四季
白いこぶしや山桜 春暁覚めて 山腰に咲き 山麓の花園は 陽光に萌え 生彩の気 ちまたにあふる
尾角鳳師作○」
と刻まれています。
石板の背面には、
「揮毫 鈴木春川(嘉市) 建主 尾角鳳師(松一) 施工 斉藤石材工業㈱」
と刻まれています。
二つの石碑が置かれた台座も白御影石で作られており、その正面には
「創建20周年記念 鳳師流現代朗吟会 1985・昭和60年10月13日建立」
と刻まれた黒御影石の石板がはめ込まれています。

0コメント

  • 1000 / 1000