「旧定鉄 錦橋駅跡」。

(あしあと その85)

今年は、かつて札幌市内の白石区東札幌から定山渓温泉までを結んでいた定山渓鉄道の旧跡を巡ってみようと思っています。

この日はたまたま定山渓方面に行ったので、そのついでに「錦橋駅」の痕跡を見てきました。この駅は、起点の旧定鉄東札幌駅から数えて16駅目(停留所を除くと8駅目)、終点の定山渓駅から数えて2駅目(停留所を除くと1駅目)の駅になります。札幌中心部から国道230号を定山渓に向かって進むと、一つ目のトンネルである錦隧道があります。これを抜けたところにある信号機のある交差点を右折して500mほど行くと、左側に定鉄バスの停留所が見えてきます。

ここが定鉄バス「錦橋停留所」です。停留所の周りをよく見ると、そのすぐそばにある横断歩道附近の歩道に沿って石垣が並んでいますが、ここが旧定鉄錦橋駅の駅舎の土台部分になっていました。つまり、ちょうどこの部分に駅舎が建っていたんですね。

鉄道の線路はというと、この道路のちょうど反対側に走っていたようです。というのも、このバス停の少し札幌寄りに、かつての線路用地と思われる定鉄の管理地を示す立看板が立っています。冬期間は雪捨て場として利用されていたせいか、今の時期は泥に汚れた雪がまだ大量に残っていました。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000