「明治天皇御駐蹕之地」碑。

(あしあと その77)

国道230号通称石山通と南14条通通称行啓通が交差する場所に山鼻小学校があります。この2つの道路の交差点に、小学校のグラウンドが区切られた一角があり、そこに大きな石碑が建てられています。それが「明治天皇御駐蹕(ごちゅうひつ)之地」碑です。

「御駐蹕」とは、天皇が行幸の途中で一時乗り物を止めて一休みすることを言います。

この碑がある場所は、とても交通量が多い場所であるにもかかわらず、あまり人の目に触れないようにひっそりと交差点の一角にたたずんでいます。

碑の前には説明板がありますが、小学生でもわかりやすいように、次のように書かれています。

「明治天皇御駐蹕(ごちゅうひつ)の地

明治14年(1881年)9月1日、真駒内牧場をご覧になった明治天皇が山鼻村においでになりました。このとき山鼻小学校でお休みになり、周辺で作業していた屯田兵に「いっそう仕事にはげむように。」とお言葉をかけてくださいました。

大変な名誉であると感激した人々は、明治天皇が山鼻小学校でお休みになられたことを記念して、ここに記念碑を建てました。」

また、碑に向かって左の側面には、

「昭和三年十月十七日

山鼻小学校創立五十年記念建之」

と刻まれており、山鼻小学校がとても歴史の古い学校であることがわかります。

これまで明治天皇の行幸に関係する碑をいくつか紹介してきましたが、明治14年9月1日の明治天皇の行幸を記念したものは、「明治天皇行幸道路」碑(こちら)と「明治大帝御巡幸之碑」(こちら)の2つがあります。

これらの碑から、当時真駒内牧牛場を御視察された明治天皇が、豊平町側から豊平川に架けられた仮橋を渡って藻岩村に至り、石山通を北上して山鼻村の小学校でご休憩されたことがわかります。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000