「渡船場跡」。

(あしあと その68)

「馬の渡し渡船場跡」から上流に向かっていくと、現在は「藻岩上の橋」という歩行者自転車専用の橋が架けられた真駒内側のたもとに、「渡船場跡」の案内板が掲げられています。

「渡船場跡

昭和9年(1934)に藻岩橋が架設されるまでの渡船場があった所です。大正初期まで現在の藻岩橋のところにあった渡船場(馬の渡し渡船場)が洪水で使用不能となったためこの地に移設したものです。

真駒内連合町内会」

昭和9年に鉄筋コンクリート製の藻岩橋が完成し、渡船場は廃止されてしまいました。

('15/05/04 追記する)

「渡船場跡」の場所から「馬の渡し渡船場跡」の方向を見渡すと、それほど距離が離れていないことがわかります。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000