「明治大帝御巡幸之碑」。

(あしあと その65)

国道230号通称石山通の南32条辺りから、左斜め方向に細い通りが延びています。この通りは御幸通といい、この道をまっすぐ突き当りまで行くと、左手に南35条みゆき公園という名前の児童公園があります。この公園の片隅に道路に面して建てられているのが、「明治大帝御巡幸之碑」です。

その碑銘のとおり、明治天皇がこの周辺の地を御巡幸された事を記念して建立されたもので、この碑の背面には、

「明治十四年九月一日 明治大帝真駒内牧場ヲ経テ山鼻兵村御巡幸ノ砌(みぎり)本道路御通過アラセラル仍(よっ)テ記念トシテ本碑ヲ建ツ

碑面ハ男爵佐藤昌介閣下ノ書ナリ

昭和十一年六月 札幌郡藻岩村」

と記されています。

北海道開拓の入植間もない当時、明治天皇が御来道されたおりに真駒内の広大な牧牛場を視察され、豊平川に架かる仮橋を渡って西10丁目から札幌に入ったことを記念して建てられました。この碑銘を揮毫した佐藤昌介は、北海道帝国大学初代総長を務めた方です。

住宅街の中、しかも道路の突き当りにある小公園の片隅に、ひっそりとたたずむ巨大な石碑。ここにこのような碑があることさえ、気づく人はまれでしょう。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000