「日露戦役記念碑」。

(あしあと その61)

北海道神宮の社務所から第三鳥居の方に向かって進むと、すぐに右手の林の中に三つの石碑が立っているのが見えてきます。

3つ並んだ一番左側にある白っぽい小さな石碑が「日露戦役記念碑」です。

「日露戦役記念碑」は、白御影石で造られたものと思われますが、おもて面に「日露戦役記念」と碑銘が刻まれただけの質素なもので、謂われなどに関して詳細は判然としません。日露戦争は、明治37年から翌38年にかけて日本とロシアの間で、主に朝鮮半島と満洲南部で戦われ、日本軍の勝利に終わりました。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000