「大津敏男漢詩碑」。

(あしあと その56)

「北緯50度日露国境画定標石」の隣にあるもう一つの碑は、黒御影の石板に漢詩が刻まれており、それには

「冱寒飢餓幾酸辛 面志従容不失真 春節欲來残雪皓 孤梅含蕾待其人

昭和二十八年十二月 於東舞鶴客舎

大津無外

第十五代樺太庁長官 大津敏男氏遺墨」

と記されています。

第15代樺太庁長官の大津敏男氏は、'43年7月-'47年11月の間務めた最後の長官です。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000