「殉難者之碑」。

(あしあと その47)

先日紹介した上山鼻神社を訪れた時、神社の鳥居と3つの石碑に並んで、敷地の奥に大きな石碑がありました。

碑の前面には、大きく「殉難者之碑」と書かれているのみで、碑の右側面には、「藤波収謹書」と小さく刻まれています。

”一体何の殉難者のための碑なんだろう”と疑問に思いながら碑の裏側に回ると、そこには

「昭和三十五年八月建立 北海道電力株式会社」

と刻まれており、それが北電の発電所建設にあたって命を落とした方々の慰霊を目的に建てられた碑であることがわかります。

碑銘を揮毫した藤波収氏は、昭和26年に北海道配電と日本発送電北海道支店との事業を併せて北海道電力が創立された際に、初代会長を務めました。

この碑のすぐ近くには、藻岩山の中腹に造られた藻岩発電所があります。この発電所は、豊平川上流の簾舞付近にある藻岩ダムから約10㎞の導水路を使って取水していますが、この導水路を建設するにあたって多くの労働者が従事しました。その数は4千人以上とも言われ、タコ部屋と呼ばれる過酷な労働条件の下で人間以下の扱いを受け、90人近くの労働者が命を落としました。その中には朝鮮人労働者も多数含まれます。豊かな水量を誇る豊平川の恩恵を受け、彼らの犠牲の上に今日の生活を送ることができるということを、私たちは決して忘れてはなりません。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000