「洋画家・三岸好太郎生誕地」。

(あしあと その21)

札幌の中心を南北に貫く駅前通を中島公園から北に向かい、すすきのに入る辺りの西側に豊川稲荷札幌別院の社があります。

その正面入り口に建つ石柱の傍らに、「洋画家・三岸好太郎生誕地」の小さな案内板が立てられています。

案内板の説明には、次のように記されています。

 「明治三十六(一九〇三)年四月十八日にここ南七条西四丁目の一角で生まれた。札幌一中(現南高)卒業後上京して第一回春陽会展に入選し、のち独立美術協会の創設に参加する。

 天才的な感覚で次々と作風を変え、とくに死の直前の蝶と貝による幻想的な光景など、日本前衛絵画の先駆者として果たした役割は大きい。

 昭和九年(一九三四)七月一日旅先の名古屋で急死した。三十一歳だった。女流画家の三岸節子は夫人。道立三岸好太郎美術館(北二西一五)がある。

 厚田村で生まれた時代小説家の子母沢寛(明二五~昭四三)は異父兄にあたり、私立北海中学に学ぶなど札幌とも縁が深い。」

三岸の作品にはまだ触れたことはありませんが、いつも通勤であるいて通る身近な場所にこのような案内板があることに気がついたのは、つい最近のことです。

歴史のあしあと 札幌の碑

ふとしたことで、札幌とその近郊に残された石碑、記念碑が気になり始めてから、沢山の人にその存在を紹介してこうと思い、はじめはブログから始めました。札幌の歴史が刻まれてきた碑の数々を、後世に引き継いでいけたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000