番外編

あしあと 番外編4 「西8丁目通」。

(2015年02月09日)

札幌市の都心部の道路は、碁盤の目のように直線に走っていて、条丁目でわかりやすく表されています。地図を見ても確かにそのほとんどが直線であり、角度がついていたとしてもそう不自然な流れの道ではありません。

ところが、以前からとても気になっていたことがあります。それは、北2条から北4条まで、西8丁目から10丁目までの広大な敷地を都心部に有する北大植物園の東側に、南北に市道西8丁目通が走っていますが、この市道が北3条の部分でくの字に折れ曲がっているんです。

写真はちょっとわかりにくいかもしれませんが、西8丁目通を北大植物園の北東角から南方向に向かって撮影したものです。

直線に伸びた道路の奥の向かって左側(東側)にあるマンションが、西方向に飛び出している様子がわかります。この部分で市道がくの字に折れ曲がってから直線に戻り、南方向に伸びているんです。

地図で見ると、このようになっています。

私は、だいぶ前からこの不自然な道路の形状を不思議に感じていました。ほとんど直線道路である都心部の道路が、なぜこの部分だけくの字に曲がっているのだろうか。

ということで、昔の地図を見てみると。

これは、大正7年発行の「札幌市街之圖」に記された植物園です。園内には豊平川の伏流水が湧出したメムと呼ばれる湧水地がありました。そこから川となって園内を流れていく様子が、緑色で表されています。メムは植物園の南東角に見られますが、そこから北方向に向かった流れは一度園の東側に飛び出して池を作り、再び園内に入って西方向に向かいます。

そこで、園の外側に飛び出した流れをよく見てみると、西8丁目通の2か所に橋が架かっています。つまり、ここが現在の市道のくの字になっている部分であることがわかります。写真にあるマンションは、かつて池があった場所に建てられているんですね。

さらに新旧の地図を見比べてみると、植物園内にあったメムの名残が、今も池になって残っていることがわかります。


あしあと 番外編3 「藻岩温泉」。

(2015年02月08日)

以前に紹介した、旭ケ丘の丘陵に建つ「(新)清水」碑(こちら)。この碑が建つ地域には、かつて湧出した温泉を利用した保養地がありました。それが藻岩温泉、別名山鼻鉱泉と呼ばれ、風雅な温泉旅館の風詠館がその賑わいの中心でした。

昭和6年発行の「新らしい札幌市の地圖」には、「山鼻鑛泉」としてその名前が記されています。

藻岩温泉の歴史は、明治25年に遡ります。当時この地に居住していた松浦丑次郎氏が、自宅の敷地内に温泉が湧出しているのを発見し、明治31年(一説によると明治38年)に旅館を建てて営業を始めました。この温泉が松浦温泉とも称されるのは、創業者の名前からとったものであると思われます。

ちなみに、藻岩温泉があったと思われる場所は、現在の地図と比較してみると次のようになります。

上は現在の周辺の地図で、下は先に示した地図です。同一と思われる道路(必ずしも一致するとは言えませんが)を赤線で示しましたが、当時の温泉は現在のエルムガーデン(旧エルム山荘)の上側にあったのではないかと推測されます。

温泉マークの辺りの道路の北側に広がる私有地内には、今でも立派な庭石などが当時のまま残されており、風雅な面影が偲ばれます。

当時の藻岩温泉の敷地は約4,000坪あり、これは札幌ドームの屋内アリーナよりやや狭いくらいの面積になります。現在の中国在札幌総領事館やエルムガーデン(旧エルム山荘)は、かつての藻岩温泉の敷地内であった場所に建てられています。松浦氏の所有する土地はさらに広く、伏見稲荷神社の崖上から崖下に至る広大なものであったそうです。

その一角に建てられた風詠館は、木造2階建てのたいへん立派な建物で、大正末期を頂点に湯治客でにぎわいましたが、昭和に入ってから不況のあおりを受けて客足が減り、昭和9年ごろに閉館しました。

さらに、上の2枚の地図を比べてみると、北東に位置する幌西小学校と南の伏見稲荷神社、それと神社のすぐ近くにある養老院(現在の慈啓会病院)は位置が変わらないことがわかります。

旧地図の山鼻鉱泉の北西に記された「札幌温泉」は、昭和4年から運行されていた札幌温泉電気軌道の終点となる停留所を表し、その路線が北東から北方向に延びていることがわかります。

この軌道は、地図の西方向に記された界川(さかいがわ)の文字の辺りにあった札幌温泉への旅客輸送のために敷設されましたが、不況のあおりを受けて温泉客が激減した影響により、わずか4年ほどで営業を終えました。

この辺りには、かつていくつかの温泉旅館が存在していましたが、今ではその存在を明らかにするものはほとんど残されていません。


あしあと 番外編2 「招魂社」。

(2014年01月16日)

開拓紀念碑に続いて、同じ地図にある招魂社のことについて。

これは、明治12年に西南戦争に従軍して戦死した屯田兵の霊を慰めるために建てられてた招魂碑を指すものです。地図内に招魂社と記されているのは、碑の記号から見て招魂碑のことであり、当時は碑とともに社が建てられていて、これらを招魂社と称していたものと思われます。

この碑は明治40年に日清戦争の戦死者を合祀して、明治44年に中島公園(当時は中島遊園地)に移設され、大正11年には札幌招魂社と改称されました。

その後昭和8年に現在の護国神社の社殿が造営されて、札幌招魂社から札幌護国神社に改称され、中島公園内に建てられた忠魂碑とともに護国神社の境内に広がる彰徳苑に移されて、現在に至っています。

つまり、北6西7の偕楽園内にあった屯田兵招魂碑は、札幌で最も古い碑とされるだけでなく、札幌護国神社の前身に当たることになるのです。(札幌護国神社公式サイト)

※地図は、国際日本文化研究センターの公開デジタルデータベースから引用した「札幌市街區劃明細圖」です。



あしあと 番外編1 「開拓紀念碑」。

(2014年01月13日)

この「先人のあしあと」をブログに載せるようになって、ちょっとした疑問が湧いてきました。それは、最初のころにブログで紹介した、大通公園の西6丁目にある「開拓紀念碑」(こちら)のことについてです。

この碑は、もとは北区の鉄道沿いに開かれた日本最初の都市公園である偕楽園に建てられました。その後明治38年に現在の地に移されていますが、それではもとに建てられていた場所はどこだったのか。

昨年買った「地図の中の札幌」という本を読んでいて、その謎が解明されました。その本の中に、明治34年の札幌の市街図が登載されており、その地図に開拓紀念碑の場所が記されていたんです。

その場所は現在の北5条西8丁目で、札幌商工会議所名誉会頭の伊藤義郎氏の邸宅の敷地内に当ります。

図と写真の緑枠内は、現在の北大植物園。赤枠内は北海道庁の敷地になります。また、開拓紀念碑の東西と鉄道を挟んだ北側には樹草が、同じく鉄道を挟んだ北西側には水田の記号が広がっていて、碑のすぐ北東や植物園内とその周辺に小さな池や川が流れているのがわかります。この池は、「メム」と呼ばれる豊平川の伏流水が湧き出た湧水池です。現在のメムは水源が枯渇してしまい、見る影はありません。

※地図は、国際日本文化研究センターの公開デジタルデータベースから引用した「札幌市街區劃明細圖」です。